2020年 11月 14日 勉強会の感想 

テーマ :「BCP生存確認システム ~あなたの10秒があなたの一生に~」

災害、孤独死など、大家業に付きまとう不安がある中でこうした取り組みやサポートは心強く思います。
実際に災難に遭遇するまでは、何か他人事と見て見ぬふりをしてしまいます。
転ばぬ先に杖としても、一考の余地はある話と感じました。
ただ、個人情報の問題や一定のコストも掛かりますのでコロナ禍でのマクロ経済情勢が厳しい昨今、導入には慎重になってしまいます。
これは大家さんだけの負担、民間だけの問題と言うものではなく担当行政・自治体にも相応のご負担やご協力も要請する必要はあるのでは?と感じました。

テーマ :「マンションにおける給排水工事の必要性について」

給排水管のメンテナンスは大家業の重要なテーマです。
給排水管の素材や特徴、耐用年数、トラブル対策について基本をしっかりと再確認できました。
給排水管はトラブルが起こると非常に厄介ですので計画的なメンテナンスを怠らない様に管理会社ともしっかりと打ち合わせ
をしておかなければと思いました。外装・防水保全と共に修繕計画への組み込みを見落とさないようにしっかりとアパートの資産価値を維持していきたいと思います。

テーマ :「 まちづくりと歩む賃貸経営」

広大な土地の底地などを所有されている大家さんのお話で権利関係が複雑で大変そうに思いました。
多くに関係者が関与してプロジェクトを遂行されているのは今後の少子高齢化、過疎化問題の解決の参考になると思いました。
ただ、私の様な2棟程度の規模の小さな大家には直接的に響くものはありませんでした。
まずは空室を作らず賃料を落とさない事が弱小大家さん最大のテーマで人口減少社会への対応で精一杯、と言うのが正直な感想です。小回りが利くリーズナブルな管理会社のエリア別の一覧や修繕コストを
押さえて良い工事がしてもらえる工務店の情報共有などの実践的な情報のシェアなどが出来る仕組みなど作れたら良いのではないかと思います。
都市開発などの政治・行政的な視点も規模が大きくなると外せない話題に思います。
そうなれるように”がんばる家主”で大家業を取り組んで行きたいと思います。

T.K

2020年 10月 17日 勉強会の感想 

今回初めて参加させて頂きました。

あまり大家の会に参加したことがなかったので少し緊張しましたが、事務局の方も親切に対応して頂きしっかりと研修を聞くことができました。
コロナ禍の中で大変だと思いますが、しっかりとした感染対策のもと、思った以上に多くの方が参加されていました。
まだ私自体の投資規模が小さいので、関係ない内容もありましたが、今後必要になるかもしれないので大変勉強になりました。

懇親会がないのが残念でしたが、今後開催が可能になった時は、他のメンバーの方にお会いするのを楽しみしております。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

R.N

2020年 10月 17日 勉強会の感想 

初めて、がんばる家主の会勉強会に参加しました。
初めての印象は、活気があるということです。以前参加したことがある読書会に雰囲気が似ていると思いました。
学びたいという目的をもって参加している方たちの醸し出す雰囲気なのかなと感じました。
演者は3人でそれぞれのテーマで話されるのですが、やはり同じ会員の方の話が一番参考になると思います。
外部講師の方の話も今必要がなくても知識として持っておけばいつか役に立つのかもしれません。
次回は大規模修繕のお話が聞けるということで楽しみです。
一昨年、所有物件で大規模修繕を経験しましたが、よりよい方法があるのかなどしっかりと聞いて参考にしたいです。

C.P

2020年 10月 17日 勉強会の感想 

本日がんばる家主の会に始めて参加させていただきた。
始めは大変緊張しましたが、事務局の方々は大変親切で新人の参加者に対しても緊張がほぐれるように気軽に声をかけていただきリラックスして研修を受けることができました。
また研修会の内容については飲料水の自販機のメーカーさんが参加されておられ我々が一般に聞くことのない自販機のビジネスについても勉強することができました。
また特に印象に残ったのは古築物件再生の事業をされておられる「若竹寮」のW様には古築の住宅は「スペック」ではなく「愛される特徴のある物件」に改装し賃貸することの重要性を教えていただきました。
いずれにしましても大変勉強になることばかりでした。
ぜひ今後も会に参加させていただき勉強を続けたいと思っております。皆様どうぞよろしくお願いいたします。

Y.T

2020年 9月 19日 勉強会の感想 

勉強会に初めて参加させていただきました。
コロナ禍での開催でご準備が大変な中ありがとうございました。

今現在の自分の状況には当てはまらないお話もありましたが自分では学ぼうとしないような話題も含めて広く聴けるのが良いのかなと思いました。
法改正のお話では難しそうな内容を分かりやすく教えていただくことができ大変勉強になりました。

少しずつ知識と経験を積んでいっているところですが法律や状況が変化していく中でのことなので賃貸経営をしていく限りはずっと勉強しないといけないなと改めて感じました。

土曜日が割と忙しい仕事との兼業ですので参加が難しいこともあるのですがこれからもできるだけ参加させていただけると嬉しいです。

K.O

2020年 8月 22日 勉強会の感想 

初めて大家さんが集まる会に参加しました。新人メンバーにも関わらず暖かく迎えてくださり、落ち着いて講義に集中することが出来ました。

一部、二部では未来の賃貸経営を考えていく上で必要なIot 知識や、有事の際に使える調停に関して勉強させていただきました。

その後の会員メンバー様からご講演は、臨場感のある実践録で目から鱗の内容ばかりでした。また、私自身苦手意識を持っていた、仲介会社への営業に関しても多くの学びがありました。プロからの率直な意見を拝聴することで、顧客目線の重要性を認識出来ました。

周りに情報交換をできる相手がいなかった私には、本会の講義内容やメンバー様の雰囲気全てが刺激に満ち溢れていました。
引き続き勉強させていただきたく存じます。何卒宜しくお願い申し上げます。

K.F

2020年 8月 22日 勉強会の感想 

テーマ :「インターネット無料・IOT商品
     ~どの会社を選べば良いか迷いませんか?~」

前半ではコロナ禍におけるインターネット通信量の増加からIPv6と呼ばれる接続方法を導入することでマンション内のインター接続環境が改善できることを学びました。後半では、接続環境の改善後に活かすことのできるスマートIotホームセキュリティのラインナップをご紹介いただきました。少子高齢化、共働き世帯の増加など近年のライフスタイルの変化にITを駆使し、対応していくことの重要性を痛感いたしました。IPv6に関してはすでにがんばる家主の会の皆様も導入されているとの事でしたので是非検討していきたいです。

テーマ :「調停官が解説!不動産トラブル解決法
      ~原状回復と修繕義務を中心に~」

大家が抱える賃貸トラブルを費用や時間のかかる「訴訟」ではなく「調停」によって解決できることを学びました。調停のメリットについては解決にかかる時間が比較的短く、非公開であること、柔軟かつ包括的な解決が図れること、専門家調停委員が無料でアドバイスをくれることの3点が挙げられていました。特に原状回復請求と修繕義務・損害賠償義務に絞り具体的な事例を2点ずつ紹介いただき、どれもが通常の賃貸運営において考えられるケースであったため、私も所有物件でトラブルが発生した際はまず訴訟するのではなく調停も選択肢に入れ考えていきたいと思いました。

テーマ :「満室にするまで10年以上もかかりました(仮)」

2棟のマンションを所有のHさんが10年間の賃貸経営で感じたことと仲介会社営業マンKさんとの満室に向けたやり取りをお話しいただきました。実際の空室数を時系列にて記録し、自身がどのような施策で満室に向け、努力していったのかを具体的にお話しいただきましたので、大変貴重な講義となりました。特に仲介会社営業マンKさんから「賃借人や仲介会社のニーズを取り入れずに行うリフォームやサービスはただの自己満足になり兼ねない」とお話しいただいたことが印象に残りました、所有物件と向き合い10年もの期間、トライ&エラーを繰り返し、満室経営に向かっていく姿は私も大変感銘を受け、小規模で初心者ですがあのような大家さんになりたいと目標を持つことが出来ました。

最後に、このようなコロナ禍の中で、大変貴重な場を設けて頂きました松浦会長並びがんばる家主の会運営の皆様に心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

M.F

2020年 7月 25日 勉強会の感想 

今回初めて参加させて頂きました。

自分は今回の参加者の中で若い年代なので、今まで家主以外の部分でも様々な経験をしている皆様のお話を聞けてすごい勉強になりました。
不動産関連のことも含め将来のために勉強したいと思ってる所存でございますので、これからもよろしくお願い致します。
ありがとうございました。

T.F

2020年 7月 25日 勉強会の感想 

本日は参加を承諾頂き、又参加させて頂き誠にありがとうございました。
松浦会長を一事務局の方々全てがボランティアで活動されていることに感銘致しました。
そして、どんな状況下ででも常に前向きな松浦会長の熱意に元気をもらえました。

テーマ :「不動産オーナーが考えた トラブルのない築古物件の活用方法と メンテナンスサービス」~定額制賃貸マンションフルメンテナンスサービスのご紹介~

マンション経営は大規模修繕が当たり前という認識を覆されました。本当に建物を守り入居者の方々に快適な生活を送ることが出来る手段「定額制賃貸マンションフルメンテナンスサービス」は目から鱗の話でいた。
築35年のRCマンションで来年は必ず大規模修繕ありきでいましたが、この仕組を利用すれば大きなお金の支出は押さえられ、家主にとっても大変助かることが分かりました。

テーマ :「○助のお話」

第二部のK先生のお話は90分があっという間に過ぎていきました。それほど、今悩んでいるところを的確に話をして頂きました。
腹を立ててサラリーマンを辞めてだめという自己紹介から、ドレスアップとホームステージング、大家さんの財布の中身どれも今私が直面している悩み事でありました。
この90分間のK先生のお話で、気持ちの面で吹っ切れました。後は前向きに行動します。ありがとうございました。

今後も、がんばる家主の会の勉強会に参加させて頂き自己研鑽していこうと決意致しました。どうぞよろしくお願い致します。

A.M