2017年11月18日 勉強会の感想

タイトル 1 「家賃管理の専門会社が語るトラブル現場の実情」

賃貸物件を取り巻く環境がいかに厳しく、また家主本人の想像すらできないようなトラブルが身近にありいつトラブルに巻き込まれてもおかしくないと思い、背筋の凍る思いになりました。ただでさえ、賃料の低下空室、退去時の原状回復、大規模修繕等、予測可能なだけでも家主の抱えるリスクは多く存在します。その上に関係法令の変化や厄介な入居者やクレーマー等の家主の努力ではいかんともしがたい事案も考慮すると、世間一般が思っているよりも家主業がいかに難しく、リスクを含んだものかが良く分かりました。そんな難しい家主業を今後も円滑に行っていくためにも、情報交換や相談、交流の場としての「がんばる家主の会」が必要かつ重要であると再認識する良い切っ掛けとなりました。

タイトル 2 「自主管理しているから分るトラブル対処法」

自分自身も自主管理を一部で行っているため、非常に共感できたと共に、やはり実際に自分で行っている人の説得力に関心致しました。言うわ簡単ですが「自主管理」実際はなかなかしんどく手間の掛かるものです。さまざまなトラブルもおこり得ますし、年々トラブルの内容も多様化委してい中、管理会社に頼ることなく、家主が自主管理するのは簡単ではないと思います。講師の必殺大家人さんはなんというか、楽しんでいる様な雰囲気さえ、私は感じました。

K.S

広告

2017年10月21日 勉強会の感想

タイトル 1 「スマサポサービスの紹介」

家主にとって耳寄りな情報をメーカさんより直接プレゼンいただけるのは貴重な体験でした。自分の持っている物件に見合うかどうかは別として、最新の機材やサービスがどのようなニーズに対して解決していくのか、それを客観的に機会になったので、今後もこのようなプレゼンをしていただけるととても参考になると感じました。

タイトル 2 「暮らしを彩るインテリアカラー」
~愛され物件になる秘訣~

N先生による色と印象に関する講話は、とても興味深く大変勉強になりました。特に人間の心理学や印象に結びつく、色彩の特徴はとても貴重なご意見で、物件の戦略や収益に大変影響があるということが理解できました。色の印象と観点が、今までざっくりとした印象でしかとらえておりませんでしたので、目からウロコ状態でした。今後は部屋のリノベーションなどに先生のノウハウを取り入れていきたいと感じました。

タイトル 3 「S親子、賃貸物件経営の格闘」
-Pビルの事業承継ー

親子3世代で営んでこられた歴史をお話しいただき、苦労した内容など参考になりました。また、 自転車と寄り添う部屋作りなど、自分の趣味・特技を活かしたリノベーションのスタイルも今後、自分たちの物件に対して手を加える際、参考にさせていただきたいと思います。

懇親会・全体を通して

参加者が多くてとても緊張しましたが、色々と先輩方が気を配っていただき多くの方と交流することができて、有意義な時間を過ごすことができました。お世話係の方、事務局の方々には親切にしていただき、大変感謝しております。我々はまだまだ若輩者ですが、夫婦そろって一つずつ積み重ねていきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。

M.T

2017年10月21日 勉強会の感想

今回の勉強会が初参加でやや緊張しながら会場に入ったのですが、お世話係の方に親切丁寧に案内して頂き安心して講習に参加できました。

タイトル 2 「暮らしを彩るインテリアカラー」
~愛され物件になる秘訣~

リフォーム時における室内のクロスや塗装によるカラー選びで雰囲気が大きく変わってくることは、数多くの失敗した経験から自分なりに分かっているつもりでしたが、各居室によってアクセントとして使う色やベースカラー・サブカラー・アクセントカラーの面積比のバランスで入居者様の住み心地に大きく関わりが出るという話が大変勉強になりました。今までは、流行の色や自分好みの色の組み合わせでカラーを選び、リフォーム完了後からなるべく短期間で入居を決める事だけに拘っておりましたが、この講義を受けて住み心地を重視しなるべく長く住んでもらう為のカラーコディネートが大切と学ぶことができました。

タイトル 3 「S親子、賃貸物件経営の格闘」
-Pビルの事業承継ー

家主業は家族経営をされている方が多いと思うのですが、この講義のように生の声を聞ける機会が非常に少ないように感じます。当方も同じような環境なので賛同できる部分が多く大変興味を持って講義を聞くことができました。同一の家族内でも考え方は様々で、経営面からの考えや入居者目線での考え方、新しいことにチャレンジして多くの方に興味を持ってもらい入居に結び付ける考え方等々、考え方や立場が違う中で、一つの答えを導き出すのは大変長い時間の話し合いと労力が必要だったと思われます。近い存在だからこそお互い譲り合うのが難しい一面もありますが、逆に計算なく本音を言いあえる環境なので当初バラバラな主義主張が統一されて出されるS様親子のプランは素晴らしい物になるんだなと講義を受けて感じました。

懇親会

初参加者が浮かないように世話係の方が間に入り、打ち解けやすい雰囲気を作って頂くなどのご配慮が大変ありがたかったです。そのおかげで沢山の方とリラックスしながら様々な情報交換やお話をすることができ、次回もぜひ参加させて頂きたいと思える会でした。お心遣い本当にありがとうございました。

M.H

2017年10月21日 勉強会の感想

タイトル 2 「暮らしを彩るインテリアカラー」
        ~愛され物件になる秘訣~

すぐに活用できそうな実践的な内容で、大変参考になりました。カラーリングには以前から興味がありましたが、本を買って1回読んだだけでした。あまりに理論的で現実的でないような気がしたからでした。それで、壁の塗装工事の前に、色を決めるのに、専門家のデザイン会社にイメージ図を何件も作成してもらいました。しかし、なかなか納得がいかず、着工までに結局1年以上かかってしまったことがありました。
デザイン会社や塗装工事会社が提案してくれる案は、インパクトがある思い切った色や、奇抜な配色のものが多いと思いました。確かにインターネットで目につきやすいように、と考える家主の方が多いと思いますが、今回の先生の話をお聞きして、あまりに思い切った色や配色のものは、回転率が高くなると気づきました。色彩の本だけでは得られない、その他の有効かつシンプルでポイントを得た講演内容は、本当にためになりました。
大変内容が濃かったのですが、短時間でしたのでメモが十分に取れず、機会があれば、先生の講義を受けてカラーリングの勉強をしてみたいと思いました。

タイトル 3 「S親子、賃貸物件経営の格闘」
        -Pビルの事業承継ー

他の家主さんの苦労話を生でお聞きできたのは、新鮮かつ感動的でした。私は今回が初参加なのですが、Sさんのお話だけでなく、懇親会も含め、同じような思いや苦労をされている方たちに、今回初めてお会いすることができました。
不労所得を得ている、とか、ハンコ押すだけでお金を得ているとか言われるので、私は長い間、アパート経営のことを誰にも言えずにいました。2回ほど説明を試みたことがあるのですが、他と同じような一つのビジネスであることがどうしてもわかってもらえず、楽して稼げていいね、等の反応しか返ってこないので、今まで内緒にしていました。Sさんの息子さんの気持ちがよくわかりました。最近まで、サラリーマンとの兼業で自主管理をしていたので、よけいに大変でした。
今まで、一人手探りで、独学でやってきました。そのため情報不足で、回り道や数多くの失敗がありました。これからは、経験したり勉強したりしてきたことを話し合う機会を与えていただけることを感謝しております。次回も楽しみにしておりますので、今後とよろしくお願いいたします。

Y.W

2017年9月16日 勉強会の感想

この度初めてがんばる家主の会の勉強会に参加させて頂きました。賃貸経営の勉強にと書籍を読み、そこで大家の会という存在を知りました。関西ではいくつか大家の会があり、HPを比較していき、がんばる大家の会に直感的に良いイメージを持ち、参加申し込み後、セミナーと懇親会に参加させていただきました。その直感通り、セミナーでは為になるお話を聞くことができたのはもちろん会の雰囲気が、専門的でもあり、フラットでもあり、セミナーにも懇親会にも多くの人が集まる理由が少しわかった気がします。初めて参加する人に優しく、セミナーから懇親会までフォローしていただけるのも安心できます。下記、簡単ではありますがセミナー内容の感想です。

タイトル 2 「不動産業界の“囲い込み”は本当に無くなるのか?」~ポータルサイトより集客ができる 賃貸戦国時代に生き残るために大家さんがとるべき行動は~

外部講師の方に不動産業界の内情とそれに対する具体的アプローチ方法のお話をお聞きいたしました。不動産屋の内部事情は色々と書籍でも目にしておりましたが、それでも知らないことなどをお聞きすることができました。新しい客付け方法の紹介を調べてみようと思います。

タイトル 3 「セキララ事業承継」~お嫁さんが実権を握るまで そしてこれから~

正会員の方が講師として実体験に基づく事業継承についてのお話をされました。相続、税金、節税など、このタイミングでこういうやり方をしてこうなったと詳しくお話を頂きました。私は知識も経験も乏しい為、なかなか専門的な話についていけず、自分の勉強不足を痛感することとなりました。ですが同時に、このような事を理解できるようになるという一つの目標を持つ事ができましたので、個人での勉強に加え、がんばる家主の会のセミナーに今後も参加させて頂き、知識を身につけていこうと考えております。

S.O

2017年9月16日 勉強会の感想

タイトル 1 「家賃保証会社から見た賃貸経営のポイント」

不勉強ながら、Z社さんはユニークなCMを流している会社という知識しかありませんでしたが、今回のIさんのお話を伺って、同業他社と比較しても非常に充実したサービスの家賃保証システムを提供していることがよく分かりました。当方の物件はサブリース中なので今のところ家賃保証システムは利用しておりませんが、今後必要となる際はまずZ社さんを検討したいと考えています。

タイトル 2 「不動産業界の“囲い込み”は本当に無くなるのか?」~ポータルサイトより集客ができる 賃貸戦国時代に生き残るために大家さんがとるべき行動は~

当方は家主業と言いながらこれまでサブリースしかしてこなかったため、入居者募集についてはすべて不動産屋さん任せでした。しかし物件の築年数経過、近隣の競合物件増加等による賃料低下は顕著になる一方で、不動産屋さんが潜在的借主に当方の物件をきちんとアピールしてくれているのか、一方で当方は潜在的借主のニーズに見合った物件を提供できているのか、が全く見えないため焦りを非常に感じております。本日ご紹介のあったU社は入居者、家主が直接交流することでお互いが求める情報を提供できる、双方にとって非常にメリットの大きいプラットフォームだと思います。世間ではヤフオクやメルカリ等のCtoCビジネスを可能とするプラットフォームが一般化する中で、不動産業界については旧態然とした取引慣行が依然として残っておりますが、U社は今後不動産業界の台風の目になるように感じました。またJ社さんからご紹介のあった原状回復不要の壁紙を使ってのDIYについては、恥ずかしながら当日初めて知りましたが、特に女性へのアピールの効果が非常に高いサービスと考えられるため、今後一層普及するのではないでしょうか。当方もこのようなプランを個別に導入できないかサブリース先に提案してみるつもりです。

タイトル 3 「セキララ事業承継」~お嫁さんが実権を握るまで そしてこれから~

K家よりはずっと小規模ですが、当方も先代から受け継いだ土地で家族経営で不動産賃貸を行っている立場なので、本日講演で伺った内容については自身に照らし合わせて考えることができ、非常に興味深かったです。代々の土地をベースに不動産賃貸を行う中では「不動産賃貸業としての成長(資産組み換えも含めて)」「先祖代々の土地の維持」「親族関係(相続含む)」のバランスのとり方は永遠のテーマですが、K先生(及びK家)は柔軟な発想で巧みに危機を乗り越えられており、優れた経営者としての一面を伺い知ることができました。今回は時間的制約のある中で盛りだくさんのプレゼンだったため、さらに詳しくお聞きしたいところがいくつもありましたが、また別の機会にお聞きすることができればと思っております。

K.I

2017年8月19日 勉強会の感想

タイトル 3 「不動産の強みを見出し、これからの賃貸経営に役立てる方法」

この講義は、グラフが多く、統計学のような印象を持ちました。また、「駅前だけが好立地なのか?」という話については、私自身の考えを改めさせられるものでした。人口が減少していくこの国では、駅から遠い物件はダメだと思い込んでおりましたが、にぎやかな駅前よりも閑静な住宅街を望む人達もいるということをわかりやすく図を使って説明していただきました。
「想定外の大学移転で賃貸経営はどうなった?」という話も、私にとって、意外なものでした。大学の周辺の賃貸住宅は、学生狙いのものばかりだと思っていたからです。しかし、これについても具体的な例を使って説明していただきました。
「人まかせにした賃貸経営の結果は?」という話は、特に印象深いものでした。同時期に同じような場所に建てられた賃貸マンションを使っての説明により、賃貸経営は、築年数、立地などが同条件でもやり方次第で大きな差がつくということを学びました。
マーケティングについても、ターゲット、競合物件、自物件の強み、などを調査し、感覚ではなく、データで経営していく大事さを学びました。
古い話ですが、野村監督がID野球とおっしゃっていたことがありましたが、不動産も野球と同様、データ取りが大事だということがわかりました。

タイトル 4 「最新空室対策2017~空室なんて恐くない~」

この講義では、様々な空室対策をお聞きしましたが、色んな空室対策があるということを学びました。今回学んだ空室対策を使うことなく満室を維持できるのであれば、とてもありがたいことです。ただ、実際にそのような対策を知っているのと知らないのとでは、雲泥の差なので、とても良かったです。この講義の中で、印象に残ったのは、講師がおっしゃった言葉「空室は家賃を上げるチャンスである。」でした。本当に驚きでした。
講師の所有物件は首都圏、私の物件は地方都市、という地理的な違いはありますが、これまで私は、空室に対し、講師のおっしゃるような前向きな印象を持ったことがありませんでした。空室対策も工夫次第だということを学ぶことができました。
すごくシンプルな考え方だなと思ったのは、「オンリーワン物件にして、検索で自分の物件しか出てこないようにすればいい」、というものでした。
先程の講師の話と多少かぶっていたのかもしれませんが、ターゲットを絞るという話も驚きでした。講師は、とても具体的にターゲットを絞っておられました。私は、これまで「大は小を兼ねる」という考え方だったので、考え方を改めなければならないと思いました。私達、大家は、投資家でもありますが、私には、経営者としての自覚をもっと持たなければならないのだと感じました。

懇親会

懇親会もお気遣いいただき、とてもありがたかったです。新人は別席で、間には事務局の方が入って、新人が浮かないようにしていただいたのは、本当にありがたかったです。私は、人と打ち解けるのが下手な方なので、浮かないか心配していたからです。
現在は、運営のやり方がある程度でき上っているようですが、現在の運営になるまでには、事務局の方々は苦労されたことと思います。本当にありがとうございました。私も、運営する側になって、役に立てればいいな、と感じました。

T.N