大家さん読本で座談会がありました。アナウンス

大家さん読本でがんばる家主の会のメンバーが参加した座談会がありました。その後、大家さん読本で掲載された記事の内容を紹介します。

 

アナウンス<!–

–>

 

今回は「がんばる家主の会」の会員の皆さんにお集まりいただきました。賃貸経営を行うにあたって工夫していること、過去にあった入居者トラブルの対処法や、今注目されている保証人代行システム、「がんばる家主の会」の活動内容などについて語っていただきました。

 

●家賃、保証金等の値下げ交渉は必ずある

●大家さんのこだわりで差別化、入居者の好みと合えば空室は埋まる

●入居者とのコミュニケーションは必須、顔と名前は全員一致します

●滞納問題はなるべく話し合いで。高圧的な態度は厳禁

●保証会社選びは慎重に行うべき

●連帯保証人と借主の関係が希薄になりつつある

●生活保護を受けるためにわざと離婚

●自主管理することによって、入居者の人となりが分かる

●サラリーマン時代の経験を家主業に活かす

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中