2016年3月21日 勉強会の感想

タイトル 1「家主が知っておくべき法律・税務テーマトークについて」
 (1)民法改正に対して備えること
    ①修繕費 → 緊迫する理由があるときは賃借人が修繕でき、それを保証人に請求できる。
              契約書に事例等を明記することが必要
    ②保証人 → 範囲が一定の金額に制限される。
    ③賃貸人の地位の譲渡 → 必要費、有益費、および敷金等の返還請求権は譲受人が承継する。
      *すべて現在の解釈と同じだが、明文化される。
 (2)28年税務改正
    ○財産債務調査制度の開始

タイトル 2「賃貸アパート、マンション経営の極意」
 ・極めて実践的で参考になる講義内容でした。特に役に立った内容をまとめると
 (1)税務申告上絶対やってはいけないことは「売上をごまかすこと」「経費は争える」
 (2)最大のリスクは「空室リスク」ではなく「家賃滞納リスク」
 (3)仲介業者は入居者の代理人であってオーナーの代理人ではない。
 (4)すぐできる差別化をする(ウォシュレット等)
 (5)マイ促を使ってPR活動
 (6)入居を決めてもらう戦略は「エントランス回りの清掃」、「部屋のにおいを徹底除去」「オーナーの顔出し」「床や金属もの(水回り)はピカピカに」
 (7)やることはたった4つ
    ①差別化する(売りを作る)
    ②物件案内を作る
    ③内見対策をする
    ④テナント・リテンション(家賃マイレージで海外旅行等」

以上が当日、頭に残った内容です。

M.M

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中